チェーン自動給油装置

糸状®給油装置ES/GM形

■特長

  • 1.給油脱落箇所発生の心配がありません。
  • 2.オイルのタレ落ち、飛散の心配がありません。
  • 3.チェーンに非接触のため、トラブルがなく長寿命が期待できます。
  • 4.一定時間内に必要な時、必要最低限の自動給油を行うことが可能です。
  • 5.広範囲なオイルの種類と、粘度変化に対応が可能です。
  • 6.1台の装置で8箇所の給油が可能なことから経済的です。
  • 7.動力源は電気のみなので、管理に手間がかかりません。


■全体図

画像をクリックすると全体図詳細をご覧いただけます。
■潤滑仕様
潤滑方式 チェーンの潤滑点上に糸状オイルを流下させ、給油を行う「糸潤滑®法」。 制御は手動、押しボタンSW操作、またはコントロールタイマーを用いた自動式。
給油量 5~15cm3/min(1箇所)
給油能力 8箇所まで。但し、給油ポンプの吐出量、圧力アップにより更に増加も可能。
制御圧力 0.7~2MPa
使用オイルの動粘度範囲 20~2000mm2/s
配管能力 本管(φ 6×4)=15mまで
枝管(φ 4×2)=1.5mまで
制御
(コントロールユニット)
全リンクの給油時間を設定しておけば、設定時間経過後に自動停止する 給油時間専用形と、オプションで給油時間のみをカウント積算する給油 時間積算形があります。