チェーン自動給油装置

タイミングルーバー® ET-P2形(マルチ・汎用形)

■特長

  • 1.チェーンに非接触のため、トラブルがなく長寿命が期待できます。
  • 2.装置1台で複数条のチェーンに対応が可能です。
  • 3.1度に複数箇所の給油が済ませられるので、その分より速いチェーンスピードに対応が可能です。
  • 4.配管能力が最大30mであることから大型プラントに対応が可能です。
  • 5.給油箇所に対し、上下左右いずれの方向からも給油が可能。
  • 6.動力源は電気のみなので、管理に手間がかかりません。
  • 7.装置一式がパネルに組込まれ、かつ壁掛け式のため設置場所が限定されず、移動や保守が簡単です。



■全体図

画像をクリックすると全体図詳細をご覧いただけます。
■潤滑仕様
潤滑方式 走行中のチェーンリンクをタイミング検知センサーが捉え、分配弁に信号を 発する。信号を受け、予め蓄圧状態にある分配弁内のオイルが一気に噴射、 ノズルを介してチェーン潤滑点に給油を行う。
給油量 1箇所/1回あたり0.1~1.0cm3(無段階油量調整可)
給油能力 1回/30箇所まで。但し、配管総延長、据付環境条件などにより差異あり。
使用オイルの動粘度範囲 20~1000mm2/s
タイミングの追随能力 目安として1リンク間の通過時間/1.5秒以上。但し、1回のタイミング時 に複数箇所の給油を行えば、それに見合うスピード対応が可能となる。
配管能力 本管(Φ 8×6)= 30mまで
枝管(Φ 6×4)= 0.5mまで
タイミング検知センサー 近接スイッチ(設置環境により光電スイッチ、リミットスイッチなども 選択可)
制御
(コントロールユニット)
全リンクの給油時間を設定しておけば、設定時間経過後に自動停止する給油 時間専用形と、オプションで給油時間のみをカウント積算する給油時間積算 形を使用。